コンテンツへスキップ

プレハブ物置の登記

Facebook にシェア
LINEで送る

Q.庭に18平方メートルのプレハブ建物を設置して物置として利用しています。この建物は登記できるでしょうか?


A.法の規定に基づき建物と認定されれば登記できます。法の条文には次のように書いてあります。

「建物は、屋根及び周壁又はこれらに類するものを有し、土地に定着した建造物であって、その目的とする用途に供し得る状態にあるものでなければならない(不動産登記規則:第百十一条)」

要件をまとめると次のようになります。

1.土地に定着していて容易に移動できないこと。

2.永続性があること。

3.屋根および周壁またはこれに類するものを有すること。

4.その目的とする用途に供しうる状態にあること。

5.不動産として独立して取引対象となりうるものであること。

問題になりそうなのは、建物が土地に定着しているかどうかだと思います。工事現場などで見かける丸太杭の上に土台を置いて、鎹(かすがい)で固定したようなプレハブ建物は、定着しているとは言えませんので登記できません。

参考図1:
http://www.to-ki.jp/data/VOL-275_1.gif

しかし、コンクリートによる基礎を造り、これにしっかりと固定してあれば登記できるプレハブもあります。

参考図2:
http://www.to-ki.jp/data/VOL-275_2.gif

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です