コンテンツへスキップ

分譲マンションの敷地

Facebook にシェア
LINEで送る

Q.分譲マンションを購入したいと思っています。今検討しているマンションには駐車場や中庭があり、これらもマンションの敷地とのことです。マンションの敷地とは、どこまでの範囲をいうのでしょうか?


A.マンションの敷地には、「法定敷地(ほうていしきち)」と「規約敷地(きやくしきち)」があります。法定敷地は、そのマンションが建っている土地を指します。例えば、マンションが一筆の土地の一部の上に建っている場合、その一筆の土地全部が敷地となります。また、マンションが数筆の土地にまたがっているときは、その数筆の土地全部が敷地となります。

このように、マンションが建っている土地は、法律上、当然にマンションの敷地である事がわかりますので法定敷地と呼ばれています。一方の規約敷地は、分譲マンションの所有者(区分所有者)が規約によってマンションの敷地と定めた土地です。

これは、マンションまたはマンションが建っている土地と一体として管理または使用するための土地で、マンションが建っている土地(法定敷地)と必ずしも隣接している必要はありません。

規約敷地の例としては、庭、通路、駐車場、公園、付属の物置、集会場等といった土地があります。規約で定めれば、マンションから離れた場所にある駐車場でも、マンションの敷地として取り扱うことができます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です