コンテンツへスキップ

2017.11.5、大阪府守口市で開催された「淀川市民マラソン」(フルマラソンの部)に参加させていただきました。フルマラソンは6,000名弱の人数でした。この日は気温も低く(最高気温18℃)、無風で絶好のマラソン日和となりました。

最初の10キロまではサブ4ペース(フルマラソンを4時間以内で完走するペース)を維持。ハーフを過ぎて古傷も問題ないことを確信してから、サブ3.5(フルマラソンを3時間30分以内で完走するペース)ペースに上げました。37キロ地点では金メダリストであり国民栄誉賞受賞者の「高橋尚子」さんとハイタッチ。見事にネガティブスプリット(レースの前半よりも後半のスピードを速く走る事)を達成できました。

マラソンには「30キロの壁」という言葉があります。30キロ以降はエネルギーが切れて前に進まないということです。この壁をクリアするには持久力をつける練習しかありません。今回のレースは、夏場の苦しい長距離練習の成果を試す良い機会となりました。

応援いただいた方々、ボランティアの皆様、大会関係者の皆様に感謝です。

H29.2.19、泉州国際市民マラソンに参加させていただきました。
この大会は、関西国際空港が開港した1994年に第1回大会が開催されました。堺市西区(浜寺公園)をスタートし、泉佐野市(りんくうタウン)をゴールとする日本陸上競技連盟が公認する制限時間5時間のフルマラソンです。コース上には「田尻スカイブリッジ」と「泉南マリンブリッジ」の2つの橋梁があり、折り返しも含めて33km付近から計4度の橋越えがあるためこのレースの難所となっています。

グロスタイムで3時間48分31秒、ネットタイムで3時間46分16秒でゴールできました。自己ベスト更新いたしました!沿道では沢山の方々の声援をいただき、また、ボランティアの皆様のお力をいただきゴールできました。お世話になりました。感謝申し上げます。

Break time ・・・「守山ハーフマラソン」にいってきました


平成28年12月11日、滋賀県守山市で開催されたハーフマラソン大会に参加させていただきました。高低差も少なく、田園地帯を駆け抜けるコースです。この大会に向けてトレーニングを積んできましたので何としても100分以内でゴールを目指しておりました。

当日の気温は5℃程度、無風、曇り空。絶好のマラソン日和のなりました。スタート後、5~6㌔で体が温まるので自然とスピードがアップしてしまいます。それを我慢し、前半は遅めのスピードを意識します。15㌔を過ぎてからはスピードを上げ、少々、呼吸も乱れだします。そして、ゴールが見えたら懇親の力を振り絞って猛ダッシュ・・・。

見事に念願の100分以内でのゴールができました。勿論、自己ベストです。ボランティアの皆様、地元の皆様、応援ありがとうございました。ひとつ、目標を達成いたしました。