登記

建物登記

購入した土地に滅失登記が忘れられている場合

家を建てる目的で知人から更地状態の土地を購入しました。法務局で登記を調べると実在しない建物が登記...
登記

相続した土地を分筆したい

A.相続した土地を兄弟で2つに分けたいが、どんな手続きをすればいいですか?Q.相続した土地を2筆に分けて、各々がひとりの所有者として登記する場合は、亡くなった親名義の土地を一旦、亡親名義で分筆登記の申請をします。
土地登記

合筆できない土地

Q.合筆できない土地があると聞きましたが、どのような土地なのでしょうか?A.合筆(ごうひつ・がっぴつ)とは、それぞれ別個の土地として登記されている複数の土地について、一つの土地にまとめることをいいます。合筆後は一つの土地(一筆の土地)となる事から、合筆の登記には制限事項があります。
土地登記

地積とは?

Q.土地の登記記録に記載されている「地積」とはどんなものなのでしょうか?A.地積(ちせき)とは、簡単に言えば土地の面積ですが、計算方法や数字の表し方に決まりがあります。地積は、境界線で囲まれた一筆の土地の広さを水平投影面積で表したもので、境界の測量に基づいて計算されます。
土地登記

地目とは

Q.土地の登記記録には「地目」が記載されていますが、この「地目」とは何を意味しているのでしょうか?A.地目(ちもく)は、土地の利用状況によって定められる名称です。田、畑、宅地、塩田、鉱泉地、池沼、山林、牧場、原野、墓地、境内地、 運河用地、水道用地、用悪水路、ため池、堤、井溝、保安林、公衆用道路、公園、雑種地
建物登記

新築建物の登記手順とは

Q.住宅ローンを利用して建物を新築する場合、複数の登記手続きが必要とのことですが、どんな順番で行われるのでしょうか?A.銀行などの住宅ローンを利用して建物を新築する場合、建物表題登記、所有権保存登記、抵当権設定登記が必要になります。
登記

登記記録とは

Q.登記記録にはどのような情報が記載されるのでしょうか?不動産の登記記録には、土地と建物の2種類があり、土地については1筆(1区画)ごとに、建物については1個ごとに作成されます。登記記録は、土地も建物もそれぞれ「表題部」と「権利部」に分かれています。
登記

表示登記の種類

Q.表示に関する登記には、どんな種類があるのでしょうか?A.「表示に関する登記」とは、土地や建物(不動産)の物理的な状況をはっきりさせるための登記です。【土地について】表題登記、分筆、合筆、地目変更、地積更正など【建物について】表題登記、増築、滅失、種類の変更、合併、合体など
登記

調査士が行う登記

Q.土地家屋調査士が行う「表示に関する登記」とはどんなものなのでしょうか?A.「表示に関する登記」とは、土地や建物(不動産)の物理的な状況をはっきりさせるための登記です。土地や建物の物理的な状況とは、土地であれば、所在・地番・地目・地積など。建物ならば、所在・家屋番号・種類・構造・床面積などをいいます。
建物登記

新築後の「登記」とは

Q.家を建てた際に行う「登記」とはどんなものなのでしょうか?A.登記(とうき)とは、法律によって定められた財産などの事柄を、登記簿と呼ばれる帳簿(磁気ディスク)に記載する事をいいます。
タイトルとURLをコピーしました